ホルモンおっぱい

男のままでありながら、自分の胸にふっくらしたおっぱいが欲しいという変態のブログ。手術せずホルモンの力でおっぱいを!(女装娘や男の娘、MTFではありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | カテゴリ:スポンサー広告 | コメント:0件

男性の育乳について調べてみた

おっぱいの育て方は本当に奥が深い。
おっぱいのことを知っているようで、まるで何も知らなかったということを痛感させられた。

それはさておき。

バストが成長のする原理はズバリ、乳腺の発達にあるということが見えてきました。
そもそも、バストは9割の脂肪組織であり、残り1割の乳腺によって成り立っている。
なのでバストアップができるかどうかは、初期段階で1割の乳腺をいかに発達させるかが鍵のようです。
十分に乳腺が発達した後は、バランス良く脂肪で包み込めば綺麗でふっくらしたバストが完成。

つまり、まず最初にとりかかるのは効率的な乳腺の育成。
これに特化したホンモン量、栄養素、マッサージ等を見つけ出さないといけません。

恐らく体組織を形成するためにタンパク質は多めに摂取しておくべきでしょう。
加えて乳腺の発育にはビタミンBが必要とのこと。
また、血流を促すために上半身を意識した運動、またはマッサージも必要となってきます。

適切なホルモンの摂取量はまだ見えてきませんが、男性機能を維持しつつ育乳するためには、最低でも1ヶ月かけて徐々に血中濃度を上げていくのが良いような気がします。

ただ、効率的に乳腺を成長させるためには、男性機能をギリギリまで追い込む必要があるかもしれません。
となると一時的に性欲も枯渇してしまうことでしょう。
一番成長の度合いが高い初期段階でいかに乳腺を発育させられるかが肝ですので、そのボーダーラインを見つけ、乳腺の成長後にはまた緩やかに男性ホルモンを回復させる必要がありそうです。

ほんまにそんなことできるんかいな…。

[AD]

関連記事
2016年09月05日 | カテゴリ:おっぱい | コメント:0件
コメントの投稿








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。