ホルモンおっぱい

男のままでありながら、自分の胸にふっくらしたおっぱいが欲しいという変態のブログ。手術せずホルモンの力でおっぱいを!(女装娘や男の娘、MTFではありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | カテゴリ:スポンサー広告 | コメント:0件

精力と感度が低下

精力と感度が低下

女性ホルモン服用開始から22日目。
先日プレモンを1箱飲み切った。
1箱に56錠入っており、1錠あたり1.25mgの結合型エストロゲンが含まれているので、合計70mgを摂取したことになる。
ビビりながら慎重に服用していたので、今のところ副作用は全く感じられないが、大きな変化も出ていない様子。
摂取量は変えずに現状維持。

しかしここにきて、何故か一度落ち着いていた性欲が復活してきたようだ。
肌寒くなってきたので、人恋しく感じるようになったのかも知れないが。

ただ、女性ホルモンを飲み始める前と比較すると、性欲も精力も幾分か減退していると思う。
現に一度射精すると、二回戦までのインターバルと長く取らなくてはならない。

以前は射精後でもフェラチオしてもらうとすぐに勃起していたのだが、最近はしぼんだ状態のペニスをしばらく口の中で遊んでもらわないと勃起しなくなっていることに加え、勃起してからも気分が乗ってくるまでに時間を要するようになった。

また、精液の量や濃さに変化は感じないが、やはり射精時の勢いは徐々に失われていることを実感する。
どうやらそのことにより、イッたときの感度も落ちてきているようだ。
おっぱいマッサージやチントレと合わせて、PC筋トレーニングは続けているが、性機能は少しずつ低下しているということか。

性欲はあるが、それに見合った快感が得られないというのは、なかなかなストレスが溜まってしまうことだ。
でも、ふにゃちんをずっと咥えてもらうのも悪くないと思ったのでよしとしよう。

なんのこっちゃ。
関連記事
2016年10月31日 | カテゴリ:雑記 | コメント:0件
コメントの投稿








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。