ホルモンおっぱい

男のままでありながら、自分の胸にふっくらしたおっぱいが欲しいという変態のブログ。手術せずホルモンの力でおっぱいを!(女装娘や男の娘、MTFではありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | カテゴリ:スポンサー広告 | コメント:0件

低周波治療器と育乳

低周波治療器

体質的に冷え性で肩こり持ちなので、気休め程度に低周波治療器を使用していた事がある。
でもそれほど効果を感じることなく使うのをやめてしまった(こんなんばっか)。

せっかくなので育乳に使えないかと調べてみると、なんとバストアップ専用の低周波装置まであるようだ。
それを取り上げたブログ記事なんかも目を通してみたが、実際に使ってみてどうなったのかということが書かれているものに遭遇できず。


低周波により筋肉が強制的に運動することで、血行が良くなりコリがほぐれたり、エネルギーを消費することでダイエットに繋がるって辺りまでは容易に想像がつくが、バストアップの効果はどうなんだろうと。
確かに大胸筋を鍛えることになるので効果がないわけではなかろうが、おっぱいを構成している脂肪が燃焼してしまわないのか心配である。

なので、すでに出来上がってしまったおっぱいへは、育乳というよりも大胸筋への効果しかなさそうかな、と思えた。
では反対に、発育段階のおっぱいに対してはどうだろうか。

もしかしたら、低周波が乳腺への良い刺激になるのではないかなー、などと都合の良い解釈で早速チャレンジ。
いわゆる「叩くモード」的なのを試してみると、予想通り筋肉が勝手にバックンバックン動いているのが分かる。
次に、恐らく「揉むモード」みたいなのにしてみると、なんだこれはと。

痺れに似た感覚というか、まるでローターを乳首に押し付けられているような、そんな感じ。
このブログはなるべく固い文体で書く事にしているが(特に理由はなし)、素の表現をすると
「おっほwwwなんやこれwwwww乳首ギュンギュンくるやんwwwwwwww」
といった感じで、こそば気持ちいいという表現がしっくりくる。

肩こり解消にはあまり出番の無かった低周波治療器だが、育乳と称したチクニーには大活躍してくれそうだ。
いや、ちゃんと育乳のために使います。

[AD]


関連記事
2016年10月14日 | カテゴリ:おっぱい | コメント:0件
コメントの投稿








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。