ホルモンおっぱい

男のままでありながら、自分の胸にふっくらしたおっぱいが欲しいという変態のブログ。手術せずホルモンの力でおっぱいを!(女装娘や男の娘、MTFではありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | カテゴリ:スポンサー広告 | コメント:0件

女性ホルモン服用を始めてから初射精

20161013seishi.jpg


なんだかんだで多忙だったので、セックスはおろかオナニーも暫くご無沙汰だったが、昨日久々にセックスをした。
随分と溜め込んでいたせいか、ドバドバと大量に射精したわけだが、それにより女性ホルモンを飲み始めてから効き始めるまでのタイムラグを実感できた。

そもそも射精された精子は約80日前の細胞がもとになって作られたものらしいので、精液や精子そのものに影響が出始めるのは、どんなに早くても約80日以降ということになるようだ。
(精細管上皮で精祖細胞が形成されるまでが16日、そこから成熟精子になるまでが64日)


一応の確認のため、何か少しでも変化が感じられなかったか、それとなくセフレに聞いてみたところ、
「溜まってたわりにイクの遅かったやん」
と、微妙なコメントを頂いた。

でもこれはホルモンの影響ではなく、チラチラとテレビを見ながらセックスしていたせいだと思う。
本当にごめんなさい。集中します。


MTFの方のブログを色々と読ませて頂くと、飲み始めて3ヶ月経った頃から、精液が減少する等の変化がみられるらしいが、その後も継続して服用を続けると、精液の色が透明に近くなり、睾丸もかなり萎縮してしまうと。
そうなると精子の生産能力もほとんど失われてしまうとのこと。

都合よくおっぱいだけに作用しない以上、このリスクは常に意識しておかなければ。

[AD]


関連記事
2016年10月13日 | カテゴリ:雑記 | コメント:0件
コメントの投稿








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。