ホルモンおっぱい

男のままでありながら、自分の胸にふっくらしたおっぱいが欲しいという変態のブログ。手術せずホルモンの力でおっぱいを!(女装娘や男の娘、MTFではありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | カテゴリ:スポンサー広告 | コメント:0件

女性ホルモン服用を始めてから初射精

20161013seishi.jpg


なんだかんだで多忙だったので、セックスはおろかオナニーも暫くご無沙汰だったが、昨日久々にセックスをした。
随分と溜め込んでいたせいか、ドバドバと大量に射精したわけだが、それにより女性ホルモンを飲み始めてから効き始めるまでのタイムラグを実感できた。

そもそも射精された精子は約80日前の細胞がもとになって作られたものらしいので、精液や精子そのものに影響が出始めるのは、どんなに早くても約80日以降ということになるようだ。
(精細管上皮で精祖細胞が形成されるまでが16日、そこから成熟精子になるまでが64日)
2016年10月13日 | カテゴリ:雑記 | コメント:0件

女性ホルモン勉強中

開始するにあたり、まずは女性ホルモンについてお勉強。
色々なサイトを参考にしたり、MTFの方が書かれているブログを読み漁る。
「どうすればいいか」よりも「なにをしてはいけないか」ということに重点を置いて情報収集してみると、結論は「安易な考えで女性ホルモンに手を出すな」という結論に行き着いた。

まだ始める前なのに、元も子もない結論だ。

しかし、僅かではあるが、男性機能と育乳を両立している方が存在しているのも確か。
リスクを最小限に抑えつつ、思い描いている結果に到達するにはまだまだまだまだ勉強不足のようだ。

目標は、たとえギリギリでも男性として性行為を行え、貧乳でも微乳でも構わないので胸を膨らませること。
(本当はふっくらぷりんぷりんのおっぱいが欲しいんですけどね)

その目標を目指すためには、MTFさんと同じ用法では望む結果が得られないことも想像がつく。
そこで今は少し視点を変えて、違ったアプローチの仕方を探している最中であり、薄っすらと見えかかってきたような気がしないでもないような感じがするっぽい。
まだまだ勉強するぞ。


以下は導入に向けて女性ホルモンについての簡単な備忘録
2016年09月01日 | カテゴリ:おっぱい | コメント:0件



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。